ぽぽりごと

日々のこととか好きなものを語るひとり言の場所

2018年5月に観た映画

そんなに鑑賞してないのにまとめられず…おそくなったけどとりあえず観た作品だけは

残しておきます。

家で鑑賞

 

ブルーバレンタイン

 ゴズさまですよ!彼は本当に色んな役をこなしますねぇ。それにミッシェル・ウィ

 アムズ、マンチェスターバイザシーに続き泣きの演技が素晴らしい!!またそこでグ

 グーー!ときちゃいましたよ。

 さらっと鑑賞してしまうとなんでもないようなストーリーだけど全くムダがない

 展開の作品でした!!

 

ジェーン・ドウの解剖

 宣伝だけで怖いでしょ~と思っていたけど、あえて一人の夜中に電気を消して鑑賞

 してみた!先入観のおかげでこわこわ~となりながら盛り上がっておりました(笑)

 あんなものには絶対に出会いたくないものですね。

 

レディバードレディバード

 わたしはダニエル・ブレイクのケン・ローチ監督作品。実話を元につくられたとの事

 ですが養育権というのは外国は相当厳しいですね。温かい家庭を望んでも大事な子供

 を奪われてしまう。自分のトラウマにも苦しむ女性の姿は痛々しかったです。

 

劇場で鑑賞

 

女は二度決断する

 この邦題はいいですね。何を二度決断するのか、観て感じてほしいってメッセージが

 込められてますからね。この展開にどう感じるのかそれぞれ違う気持ちになりそう。

 

◎アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

 ちょうどフィギュアスケートに興味をもちだしたのがトーニャ・ハーディング

 活躍していた頃で、ナンシー・ケリガン殴打事件は強く記憶に残ってましてね、

 この作品はとても楽しみにしてました!映画で語られることが全てではないと思い

 ますが、長年の謎がすっきりしたような気分になれます。しかしあのスケートシーン

 はよく撮れてますね、トーニャのダイナミックさを完全再現してます!!

 ラストで実際の映像がながれますがこちらも改めて観るとあの時代にあれだけのス

 ケートテクニックとダイナミックさのある選手は少なかったのではないでしょう

 か!!今のルールでジャッジされたら大変な記録が出そうですね

 

ランペイジ 巨獣大乱闘

 ドゥウェイン・ジョンソンの作品はこれがお初(笑)今作はどちらかと言えば白いゴリ

 ラが主役って感じもしますが(*^-^*)なかなかラストまで突っ走って面白かった!

 痛快感がある作品、いいですね~!!

 

いぬやしき

 佐藤健さんだから~観なくちゃ!!今回も彼のサービスショットが観られたし(←アホ)

 原作は知らなかったけど楽しめました!!帰りに若者から原作のネタバレのサービス

 もあり(笑)映画との違いなんかもざっくりわかったのでお得でした!!!

 

 

blank13

 前半と後半の雰囲気の違いが面白い!役者さんにアドリブをかなり要求されたらし

 く、役者さんたちの良いところを引き出そうとする齊藤工監督の映画への情熱と

 温かさみたいなものが感じられる。

 何度も見返してみたくなる作品でした。

 

家で鑑賞:3作品 劇場で鑑賞:5作品 TOTAL:8作品

 

忙しかったわりには観ているものだな~(笑)

家での鑑賞がなかなか時間がとれず苦戦!!

いっぱい録画がたまってきたのでプレッシャーがついてまわる(*''ω''*)