ぽぽりごと

日々のこととか好きなものを語るひとり言の場所

2017年10月に観た映画 

10月はな~んとTOHOシネマズのマイルで初のフリーパスをゲット~!!

時間を作るのが大変でしたがせっかくのパスなので大いに利用させてもらいました!

 

 

家で鑑賞

 

◎わたしを離さないで

 ノーベル文学賞受賞されたカズオ・イシグロ氏の原作。何年か前に日本でもドラマ化

 されていて、その時は見逃してしまったので、ドラマをHuluで一気に鑑賞した後、映

 画をAmazonでレンタル(99円でした)

 驚いたのがキャスティング。おっ、シャーロット・ランプリング!それにキーラ・ナ

 イトレイ、アンドリュー・ガーフィールドと、これだけのキャストなのにあまり作品

 は有名ではないような感じがして、惜しいな~なんて。

 ドラマは結構付け足しているのかな?と思いましたが時間の長い分じっくりとより細

 やかだったように感じました。

 これが当たり前の世界だったらどう感じるのでしょうね…じんわりとした衝撃と、

 このせつなさをどう表せばよいのか…鑑賞中とてもとても苦しくなりました。

 

◎カンパイ!世界が恋する日本酒

◎A Film About Coffe

 2作品ともドキュメンタリー作品。

 日本酒では南部美人の五代目のインタビューがとっても良かったです!

 外国で日本酒の魅力が広まってくれるのは嬉しいものですね。

 コーヒーはただ何となく飲んでいるけど、これだけ手が込んでいるんだって感心し、

 ちょっとコーヒーを入れる時意識するようになった!最初の蒸らしをやってみたら

 結構おいしく入れられてるような気がします~。

 

◎アンティーク~西洋骨董洋菓子店

 先日、原作漫画をお借りして読んで、ああ録画してあったな~と思い出して即鑑賞!

 日本で放送していた滝沢秀明さんのドラマ版より原作に忠実!!まあ月9でしたから

 ね~原作に忠実はムリだったかも(笑)

 チュ・ジフンさん良い!!キム・ジェウクさん(赤と黒へ続く…笑)よくやったな~!

 さすが!!と、韓国映画だからこそのクオリティでしたね!!!

 大変面白かったです(*^-^*)マンゾク

 

 ブレードランナー 劇場公開バージョン

 すでにファイナルカット版鑑賞しているのですが、一応気になって観てみました!

 ラスト随分ちがいますね~。早くデンジャラス・デイズ(メイキング)を観てこの違い

 を比べてみたいですね。

 

劇場で鑑賞

 

散歩する侵略者

 黒沢清監督作品は劇場で鑑賞するのは初めて。少し前にクリーピーは鑑賞ずみで

 イメージからもっとホラー度が高いかと思いましたが、オープニングがうわー!と

 思っただけで、あとはじわ~っとくる感じでしたね。

 ある意味、こんな世界の終末って本当にくるのかもしれないな~と思わされる。

 意外と皆冷静だったし、それがリアル。

 今作の松田龍平さん、とても良かった。彼のじとーっとしたところが恐怖でもあった

 けど、安心感みたいなものも感じていた。

 WOWOWでスピンオフドラマ放送中ですが、こちらの方がホラー度高い。ぞっと

 しながら視聴しました。

 

ナラタージュ

 期待を想像以上に上回る作品でした!!

 自分に重ねて感情移入しまくりで(こんなに美しい恋愛経験がある訳ではないが)

 誰しもあるだろうな~っていうシチュエーションを上手に見せていたんだと思う。

 全編静かなシーンばかりで鼻水をすすることが出来なかった(笑)多少周りから聞こえ

 ていたけど、私の鼻水はやばかった←アホ

 すごかったのは坂口健太郎さん!!ちいせぇ男!!!を見事に演じられてましたね!

 

亜人

 原作を全く知らないのでアクションのすごさを自然と楽しんで鑑賞できました!

 やっぱり健くんカッコいいなぁ~(*´ω`)

 綾野剛さんのネチッこい、な~が~いく~んのセリフが良かったり(笑)

 そういえばR指定がついてなかったのも納得。ギリギリのところで残虐さを写さず

 それでいて迫力が伝わるなかなかの映像テクニックが拍手ものでした~!!!

 

僕のワンダフル・ライフ

 こういう作品は犬を飼う人にはやばい!!もしわんこが自分を思って、生まれ変わっ

 ても会いたいと願ってくれたなら…こんなに嬉しいことはないですよね~!!

 何度も生まれ変わる度の、どのエピソードも感動!!!

 

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

 シーザー主役の三部作の完結編!このシリーズ通してどれも最高でしたね~。

 もともと前日譚とされていましたが、別次元のストーリーとして観てもより良いの

 ではないかな~と思う。じわ~っと感動が…

 もちろんこれまでの作品も大ファンですからこの猿の惑星というシリーズはどれも

 ものすごい作品なんだと思います!!

 今作品で言うと人間はまるでダメダメ人だらけでしたね(笑)ノヴァだけが救いの存在

 のようでした。

 

関ケ原

 司馬遼太郎さん原作の映画化!ってことで話題でしたし、私もおお~と注目したんで

 すが、歴史苦手!司馬遼太郎さんの作品読んだことない!!!ダメダメですが、頑

 張って鑑賞したって感じです(笑)

 有名な出来事なのにこんな感じだったのか~へえ~みたいな情けない感想でしたが、

 岡田准一さんはどんどん演技に磨きをかけてきているように思いましたよ!!

 

◎ドリーム

 大当たり作品!!今年のアカデミー作品賞でもノミネートされていたけれど、チャン

 スがあれば~くらいの気持ちだったんですけど。

 特に数学的な難しい表現が多いわけでもない、どちらかというと人権、男女の価値観

 に焦点があたる人間ドラマ。

 当時のまだまだ低い価値観に負けずに、自分の信念を貫く女性たち。これほどの才女

 であっても認められるのにこれほどの道のりがあるなんて、めげない姿と、前進した

 時は感動ものです!!

 ケヴィン・コスナー久しぶりでしたが、変わらずカッコいいですね♪

 

ミックス

 新垣結衣さんに瑛太さん、広末涼子さんと他にも豪華キャスト!このメンバーなら

 観るしかないでしょう~。

 なかなか楽しく鑑賞しました!!が、卓球ド素人なのでそれぞれの得意技みたいなの

 がよく分からなかったので、もう少し説明とか欲しかったな~。

 

アトミック・ブロンド

 強い強い女性が主役!シャーリーズ・セロン、めちゃくちゃカッコイイ!!

 誰と誰が味方で誰についているのか、最後まで観ないと分からないので、ハラハラ

 しっぱなし!

 あれだけのアクションをこなすなんてすごすぎます!!!

 

◎ゲット・アウト

 全米ではヒットを飛ばしているとの情報で、これが近くで上映してくれたのはとても

 ラッキー!しかも字幕版だったのでヨシって思ったよ~。

 序盤からええっ⁉ってシーンをちりばめて、こうもってくるのかーー!!と驚きな展

 開。ホラージャンルなんだけど、ドント・ブリーズ的な感じかな。

 だいぶゾゾーっとしましたね。

 

家:4作品 劇場:10作品 TOTAL:14作品

 

劇場鑑賞がこれほど多い月はもうそうそうないでしょうね~。

大満足の月でした♫

はーしかしまとめるのが大変でこんなに遅くなってしまいました~( ;´Д`)