読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽりごと

日々のこととか好きなものを語るひとり言の場所

2016年1月に見た映画

映画 映画 まとめ

家で鑑賞

アナと雪の女王 オリジナル&吹替版

 記念すべき?2016年初に見たのはコレ!

 まあ、ブームは過ぎているけどね(笑)

 とても良かった!!!特に吹替版!!!

 比べたくて両方連続で見ちゃった(笑)

 松たか子さんと神田沙也加さんすばらしい~♪

 それに映像の素晴らしさ!!荒波の海とか雪の柔らかさとか

 本物にしか見えなかった!!

 

◎ラウンド・ミッドナイト

 沁みた~!!心に沁みるってこういうのか…と

 思わせてくれた一作

 単調に進んでいくのに後半グッと引き込まれてしまった

 

◎Ray

 レイ・チャールズの生涯(結果そうなってしまった)を描いた作品

 ジェイミー・フォックスが見事なレイを演じていた

 なかなか大変な人生を歩まれていたんだな~と、それまでほとんど

 彼の事を知らなかったので、この先彼の曲を聴くときはひと味違ったものに

 なりそう。 

 

戦場のピアニスト

 泣けた…自然と涙がこぼれるシーンがあって

 戦争について考えながらじっくり見てしまう

 「見ているのは現実なんだ」 深く刻まれるような

 素晴らしい作品

 

◎REC ザ・クアランティン 

 ご存じスペイン版RECのハリウッドリメイクバージョン

 ほとんどそっくりな作りでオリジナル版の完成度が

 いかに高いか知らしめるかのようだった

 でも主役を演じた彼女はアンヘラちゃんとは違う魅力で

 良かったな~

 きちんとつじつまを合わせたストーリーもスッキリしていて

 オリジナルに立ち向かってた!!

 

◎ベイマックス

  ディズニー初心者だけどこの作品、ディズニー映画とは思わず

 完走~♪日本とサンフランシスコが融合した街で繰り広げられる

 物語は日本人には好感度高いかと(^^)

 なによりベイマックス癒された~!!!

 

◎ポンペイ

 バイオハザードの監督が描くグラディエイターの物語

 タイトルだけで、あの一瞬で滅んでしまったところに焦点が当たって

 いると思い込んでいたので、ちょっと意外だった

 でも~グラディエイターで主役の親友になる

 アティカスはな~んとLOSTでミスターエコー役を演じた

 アドウェール・アキノエ=アグバエ!!(覚えられない^^;)

 この方と~ってもカッコイイの!!脇役でちょこちょこ出演

 されているので、発見すると興奮する(笑)

 

◎シャークアタック

◎ディープ・ライジング

◎ディープ・ライジング コンクエスト

 三部作 新春にテレビ東京午後のロードショー

 一気に放送していたので録画で視聴

 簡単に説明すると

 1作目 真面目な王道的サメパニックムービー

 2作目 主役ふたりがじわじわ愛を深めるサメパニックムービー

 3作目 お色気シーン満載のサメパニックムービー

 だ~いたいこんなカンジ(笑)

 1作目はホントにサスペンスっぽくてどうしてサメが人間を

 襲うのか!?と問題追及していてしっかり見られる

 後の2作はまあ楽しんで見てね!ってカンジ(^^)

 個人的には3作目楽しかった♪三部作の集大成なのか

 すっご~いの出てくるしね(笑)

 

◎福福荘の福ちゃん

 森三中の大島さんがなんと男として主役をはった

 心あたたまるストーリー

 サントラがすごく素敵でゴンチチさんを思わせるような

 ギターの調べは映画のゆったり感をふくらませてくれた~

 ちょっと最初は荒川良々さんとかぶっちゃうんじゃないの~

 なんて思ったけど、監督が主役の福ちゃんは大島さんしかいない!

 と、言わしめた程、さすが演技の雰囲気ぜんっぜん違った!!

 大島さんの福ちゃんあったかくていいよ~♬

 

◎あと1センチの恋

 イギリスとドイツ合作の映画だそうで

 幼なじみ以上恋人未満~で、すれ違ってその行方は…

 ちょっと日本ではないのかな~こういう恋の仕方

 いろんな意味であと1センチなのかな(*^_^*)

 

 

 劇場で鑑賞

◎ビューティー・インサイド

 映画館の案内見るまでしらなかったけど

 ハン・ヒョジュさん好きだし~

 上野樹里さんが出演してるし、先入観ナシで

 見に行った!!

 一風変わった設定にどうなるんだろう…が止まらない気持ちで

 最後まで~♪

 ありえないところが韓国映画らしくて良かった!!

 

ザ・ウォーク

 映画で綱渡り体験できますよー!!

 高所恐怖症の知人たちは見にいくのを

 躊躇してた!!

 

poporigoto.hatenablog.com

 

以上14作鑑賞